手を抜かず楽を心掛ける非公式なウェブログ。
画面下にあるPC表示の方が見易いです。
NEW ENTRIES
ARCHIVES >>
LINKS
 今年も瑞雲の季節になりましたね。
この時期になると緑色の装束に身を包んだ集団が謎の奇祭を執り行う事が知られています。

今年の開催地に選ばれた八景島はちょっと気軽に行ける距離でも無いのですが
一度位は行ける時に行っておこうと、前売券だけは買っておきました。
その後、後段作戦の発表を聞いて後悔したけどね! 行く前から再訪が決まると言う。
去年の戦訓があるので、ステージイベントのある週末は避け、最初の平日に出撃です。

7時過ぎに家を出て、八景島まで一番安いルートで大体2時間弱。
渋谷駅の東横線の乗り換えが超絶不便になったのと、ほぼ通勤ラッシュにぶち当たって辛い。
新杉田駅でシーサイドラインに乗り換えると、磯波がお出迎えのお見送りをしてくれました。

9時22分、八景島駅に到着。 此処から橋を渡って八景島に入るので結構歩きます。
更にチケット窓口まで結構歩きます。 お車用の入口だと近いんだけどね。
営業前の施設やアトラクションを横目に歩く不思議な感覚。
だから、遊ぶ前から瑞雲が見られるんです。 瑞雲、お帰りなさい!



去年は立地の関係で距離を感じた背後にも迫れます。 瑞雲はけつがえろいんだよ。
ひとしきり撮影をしてからチケット窓口に並ぶ。 実際まだ開いてないからね。

前売券をワンデーパスと引き換え、更に提督専用の特典引換券を受け取ります。
この特典を受け取るカーニバルハウスは11時からの営業で、スタンプ帳の販売も兼ねているので
特典や各種提督コース用台紙はまだ手に入らないし、スタンプラリーも出来ない。

この1時間差はGWや瑞雲テントの無い週末でも変わらないので
引き続き瑞雲タイムを満喫するか、アクアミュージアムやベイマーケットを覗く感じになります。
提督第一主義で考えるとベイマーケットに瑞雲テント出張所作れとは思うけど、そこは事情が。
そんなに早く来るなよって話か。 提督は早起きだから。

と言う訳でベイマーケットの開店待ち。
何故か列が出来ているのは、ジンベイSHOPで販売されるグッズ目当て。
品揃えとしては、昨日までの物販の残りと過去の在庫と言った所。
バリアブルTシャツは悩んだけど、着る機会が限られると言う意味では法被の方が欲しかった。

まだまだ時間はあるので、島内に設置されてるパネルの撮影に。
スタンプラリーは出来ないけど先行偵察と言うか。 ガイドマップ無いの辛いけど。



今回は一期一会の精神で入念に準備して来たからね!
ちょこのっこフィギュアとかも持参したんだけど、小さ過ぎて使い道が無かった。

ステージイベントの日に移動する筈のガンビアちゃんが昨日までの場所に見当たらなくて
この時は昨日動かす分を今日動かしたのではと軽く考えていた。 この時までは・・・

レストランプラザの奥にはイベント広場がありますが、現状コラボとは無関係。
別団体の貸切で若者達が大縄跳びしてました。
駅に降りた時もイベント広場に向かうグループが結構居て釣られそうになったからな。

11時になって各種施設が営業開始。 成り行きでふれあいラグーンに。
此処のお土産売り場フレンディアでもグッズは販売されているのでそれをチェック。
傍目には入ってすぐに出口のお店に向かう謎の行動。 品揃えはジンベイSHOPと一緒な感じ。

折角入ったのだからと一旦コラボを忘れてペンギン撮ったりイルカ撮ったりクレーン撮ったり。
スタッフさんに写真お願いしたらポーズ決めてくれたけど、本当に撮りたかったのはこっち。

さて、カーニバルハウスに戻って2Fで特典の引き換え。
スタンプ帳は受付隣の券売機でイベント券を購入するシステムです。
此処はゲーセン施設なんですが、他のコラボパネルが置かれてたりする無節操区域だったり。

これでやっと瑞雲パラダイスを遊べます。 もうすぐお昼だけど気にしない。
スタンプラリーを回りながら、各種提督コース用のアトラクションをこなして行く感じ。
パネルとスタンプが一致してない所があるので一応確認しながら集めます。
ガイドマップ見れば良いんだけど、縦長で大きいから持ち歩きたくないんだよ。

平日なのでアトラクションは並ぶと言うより、前の稼働が終わるのを待つ感じ。
提督コースは台紙にスタンプを押して貰って、シールを貰えます。
最初に貰ったシールが択捉型の制服で刹那を感じる。

アトラクション類の感想は、遊園地として比べると去年のよみずいより質素かなぁと思う。
ただしサーフコースター リヴァイアサンだけは別。 捻りがやばい。 カタパルト超怖い。
乗り放題パスだしガラガラなのに、もう一度って気分にならなかったからな。

周囲に人の気配を感じず、暇なのは可哀想だろうとシーパラダイスタワーを独り占め。
今思えば、スタッフのお姉さんと二人っきりだったのでは。 何も起きない筈は無く。
尚、ガンビアちゃんは見当たらない模様。

島内を歩いていると提督達と結構すれ違うんですが、割と当ても無く何かを探してる感じで。
たまに話し掛けたりすると、やはり誰もガンビアちゃんを見付けられてなくて超笑える。
私も探してる内にアクアミュージアム裏のバックヤードに迷い込んでたけど。 迷子探しが迷子。

14時半を過ぎ、探し疲れてお腹も空いたので流石に休憩。
一旦カーニバルハウスに寄ったらカウンターにガンビアちゃんのスタンプがあった。
パネルは何処に行ったのかスタッフに聞いたら、「現在とてつもなく迷子」との事。

ネットでの情報だと、風で飛ばされたか盗まれたかスタッフが設置し忘れたかと言う予想が。
スタンプ置いてるテーブルまで消えないだろと思うけど、真相は判らない。
移動しない筈なのに同じ場所に無いから移動したのかも、と言う思い込みが徒労を招いた。
いやだって宝探しゲームで宝の場所を聞く訳にも行かないし。
移動したかどうかの確認はしても良かったか。 洒落になってないなぁ。

提督コース達成の缶バッジを引き換えに来たのに、スタート地点でスタンプラリーも達成。
腰砕けの結末に思わず提督癒しの夜戦ビール。

そしてパラキチ!でご飯。 ビュッフェなのにカレーを選ぶ安上がりな提督ずい。
比叡カレー改二は辛くて変な味がしました。

食後はガンビアちゃんが戻って来たとの噂を聞いて逢いに行く。
いやー探しましたよ(正にこっちの科白



もう浮輪さん達でガンビアちゃん守って貰える? マジでマジで。
ズイパラ始まったばかりなのにこの先も心配なのでご安航をお祈り。 マジでマジで。

時刻は16時を過ぎ、歩き疲れたので一服。 一服する場所を求めて更に歩く。
平日だから平和だろうと来てみたのに、まさかこんな事になるとはね。

その後は最難関の提督コースに挑戦。
それはゴトランドの身体を登る(気分になる)青空クライミング ロックンロック。
疲れが凄いけど貴重な体験はしておきたい。

誓約書を書いて券売機でチケットを購入。 完全入れ替えの予約制で、別料金が掛かります。
速吸をまさぐる(気分になる)巨大立体迷路 デッ海と両方遊ぶ人はお得なセット券が。

待ち時間を使って氷の国 -アイスファンタジア-で重さ当てゲーム。 これも別料金。
どう考えても真夏に涼しさを求めるアトラクション。 寒さに耐えて頑張って当てました。
寒いから北方だろうと言うこじ付けの極みだけど、北方棲姫に小遣いをあげたとでも考えれば。

時間になったのでゴト登り。 説明ビデオ見てハーネス付けて、初めてのクライミングです。
登る時の掛け声をアイカツにするか瑞雲にするかで迷い
別にアイドルでは無いので「ずい!うん!」で登りました。 しかしこの「うん!」が曲者。
掛け声にしては苦しさが増すので、瑞雲活動で「ズイ!カツ!」の方が良かったかも知れない。

ちょっと中級な青コースでチャレンジして、ちゃんと上まで登ったんだけど
最初にスタートボタンを押してなくてタイムが出ず。 説明に無かっただろ!
仕方無くもう一度挑戦した物の、後少しの所で腕が限界で落下。
もう、ぷるぷるでタイムオーバーを待たずに糸冬了。 シールは貰えるけどね。

そこからお隣の速吸迷路へ。 3種類あるコースから一番簡単な奴を即答する提督。
ランズボローメイズ波崎で鍛えた実力を見せてやる!(クリアは定かでは無い
結果は汗だくでぼろぼろになりながらゴールした物の、5番目のスタンプを逃してしまった。

これで提督コースは総て達成。 カーニバルハウスに戻って4つ目の缶バッジをゲット。
頑張った後には勿論慰労の夜戦ビール。



18時半を過ぎて日も暮れ、島内はイルミネーションが点灯しています。
最後にライトアップ瑞雲を撮影して撤収。 瑞雲はけつがえろいんだよ!
帰り掛けにジンベイSHOPを覗いてみたら、朝と同じ品揃えのままでした。
そう言えば、吹雪とポーラのパネルが見つからなかったな。

19時に八景島を後にして21時半に帰宅。
帰路はずっと太股ぷるぷるだし腕も痛いし、とにかくお家に帰りたい気持ちで一杯。
その日の内に筋肉痛って凄いな。



本日の戦利品。 今回はやたらシールが増えた印象。 後段作戦も楽しみです。

●「艦これ」鎮守府第三次"瑞雲"祭り【前段作戦】 in 横浜・八景島シーパラダイス特設泊地
関連:「艦これ」鎮守府第二次"瑞雲"祭り in よみうりランド泊地 フィナーレ

- comments(0) -
 今回はミラクルライトに焦点を当てたお話で、いつもの春映画とはちょっと趣向が異なる印象。
冒頭の諸注意はフワとプルンス。 と思いきやスターやエール、ホイップもアナウンス。

駄目だと言われたのに映画が始まってすぐにライトを口に咥えるピトン。
これは、その前の不真面目な態度の延長だからきっと! 後は演出の都合。

最初のバトルと言えば自己紹介を兼ねた顔見せみたいな感じだったのに
導入から怒涛の展開で息継ぎ無し。 運命の出逢いもあったもんじゃないよね!
OPが一瞬だったせいもあるかも。 でも見逃しては行けない大事な一瞬。

最初から全力で目まぐるしく動くバトル。
時折見せるフィルムコミックみたいなコマ割りに、動きが加わったりして面白い。
全員吹っ飛びのアレンジと言うかオマージュみたいなのもあったり。

アラモード勢が居るので「伝説の戦士」と言う肩書きは使えないのだ。
「伝説のプリキュア」って深く考える程に哲学になるな。 伝説じゃないプリキュアとは。

ミラクルライトでもっと沢山のプリキュアを呼ぼうとするのは
期待よりも先に流れを察してしまうレディ。
他は飛んで駆け付けようとしてるのにMHだけ走って来てるのが印象的。 徒歩で来たの。
でも、オールスターズとは銘打って無いけどNewStage方式でそれはありだよねとは思った。
皆の応援を台無しにしたのはキュアスターが先走ったからだけどね!
オンエアでもやってない必殺技を出そうとするから。

怒涛のバトルが終わってプリキュア達がバラバラになると、途端に話が緩くなる不思議。
星の住民を気に掛け突然のスイーツ作りに励むいちか達の生活力の高さ。 ペコリンも人間体に。
ララはスイーツ作りのお手伝いよりピトンのロケット修理してやれよと思った。

ルールーちゃんはもう居てくれるだけで良い存在。
ハリーさんは体当たり攻撃よりルールーちゃんに蹴られた時の方が気絶時間長いよね。
ゆかりとあきらは終始二人の世界と言うか、マカロンとショコラになっても落ち要員なの。

先輩プリキュアはもっと活躍して新人プリキュアに背中で語って欲しいんだけど
最近の新人は適応が早いし時間も無いから、ちょっとアドバイスするだけのスパルタスタイル。

ミラクルライトはプリキュアがピンチだと思ったらいつ応援したって構わない。
それこそ変身バンク中に振ってるお友達も居るし。

劇中で促してくれる応援タイムは画面を引いたりして更に親切設計に。
画面隅のライトのアイコン表示は、プリンセスプリキュアの無声映画を汲んで進化させたと思う。
でも星型を五芒星で無く輪郭で描かせるのは難易度高いな! お話に集中出来ない。
「皆、有難う」は無く「有難う、皆」はあったけど、これは観客に向けてる感が弱かったな。

涙でミラクルライト完成は流れからして予想が付くけど、そこに至るまでのコミカルさが良い。
完成してアニメ絵からCGに変化したのは、作画の都合上の簡略化では無かったんだよ!
そして残された最後のミラクルライトが完成すれば、最後じゃないライトも復活するんだよ!
この辺凄い雑だけど細かい説明なんて要らないんだ。 クライマックスは勢いだけで乗り切る。

この場に居ない歴代のプリキュア達も応援してる辺り、OPは嘘っこじゃない。
魔法つかい勢は連続出演記録を更に更新したのだ。
そして美墨さんが出演をずっと伏せてたのずるい! 好き!

ラストの合同技は裏を返せば序盤に出そうとしてたのか。
出逢ったばかりでは確かにバランスが悪いけど、最後はしっかり決めた。
バンクっぽく作ってあるからテレビでも4人バージョンがある気がする。 何ザイルかな。

ゲスト声優は大統領の出番と役割が大きかったのが意外。 毒にも薬にもならない感じ。
他のゲスト達は一瞬だった事もあり、美墨さん達も括りとしてはゲスト扱いなのかも。

宇宙大魔王は究極大サタンに通じる物があるな。 その名前だけが総て。
闇に染まった人々から応援を求める辺り、孤高とか支配とは違った印象。 でも笑っちゃう。
帰宅して思わずダークライト作ったよ。

EDのダンスはサビに向けて振付を教えてくれるライブ感。 これは結構好き。
初見でも一緒に参加出来るし、覚えてるお友達は最初から踊れる。
油断してるとすぐクレジット見逃すんだけど、旧TAPの顔触れが違ってた印象。
終了後は安定の秋映画予告。 やはりと言うか、キャッキャウフフな場面が短いのは残念(涙

そんなに不満がある訳では無いんだけど、満足感が薄いと言うか。 方向性の違いを感じる。
オールスターズから脱却したのに去年の秋がオールスターズで
ミラクルライトがテーマならそれに関わったプリキュアを出したいと言うもどかしさ。
15周年がずっと続いてると考えれば良いのか。

●映画 プリキュアミラクルユニバース
関連:映画 プリキュアミラクルユニバース 主題歌シングル
関連:映画 プリキュアミラクルユニバース オリジナルサウンドトラック
- comments(0) -
 本日は朝から艦これ三越コラボ偵察して来たのですが、特に戦果は無く。
時雨水着とか眺めて、連装砲ちゃんグッズを一度は手に取りつつも時間切れで戻して撤退。
帰宅せずそのまま向かえれば良かったんだけど、色々と事情があるんです。

そんな訳でメインはABC朝日放送の株主懇談会。 今やホールディングスですが。
会場は大門駅直結で日本生命浜松町クレアタワー5Fの浜松町コンベンションホール。
受付で案内葉書とお土産交換券を引き換え。 お茶も頂きました。

開始前はスクリーンで自社番組の上映。
会場の後ろには番組のポスターが貼られ、グループ会社紹介と株主優待の歴史をパネル展示。
袖からスケブ抱えた人が出て来て最前列中央に座ってたのがテレビ的。 ADさんですね。

15時開始でABC朝日放送の岩本アナと川添アナが司会進行。
関西のテレビ局だから全く馴染みが無いけど、その辺はお互い様で。
株主は基本ノーリアクションで突っ込み不在だし、きっとやり難かったんじゃないかなと思う。
沖中社長なんて挨拶前に床で足を滑らせて笑いを取りに来てるからね! それは故意なのか。

懇談会って何をするのか良く判らずに申し込んだんだけど
株主総会とか経営近況報告会をかなり緩くした感じ。

3部構成で最初は会社紹介を映像で流して、沖中社長が第3四半期の決算内容や業績見通しを説明。
朝日放送の山本社長に交代してからは主にテレビ事業の説明。

第2部は野々村真をゲストに迎えてのトークショー。
ニュース番組「おはよう朝日です」のメイキング映像や出演者インタビュー等を流しつつ
野々村氏の過去エピソードとか他局の番組の話とか、予定時間を過ぎて沢山喋ってくれました。
正直そんなに興味ある内容では無かったけれど良いんですタレントが来てくれたんです。

10分程度の休憩を挟んで16時半からの第3部は沖中、山本社長への質問コーナー。
わざわざ白布の掛かった長机と椅子を持って来たりして気分はミニ株主総会。
質問自体は休憩中に用紙で受け付けていて、社長の答えに岩本アナがフォローする形。
選別して先に答えが用意出来る分、割と出来レース的な気がしなくも無い。

読まれた質問は6つ位で、最後に「読売テレビにどうやって勝つのか」と聞かれて
ローカルゾーンでは善戦してる番組もあるし朝の時間帯は何年も連続してトップを取ってるが
テレ朝の番組を放送している全日帯が弱く、読売が好調なのは日テレが好調だからと
思いっきりテレ朝の番組が駄目だと言ってたのが面白かったかな!

16時50分終了で、お土産を頂きお見送りされて会場を後に。



お土産は自社販促品かと思いきやお菓子でした。 と言うか、これ最中と餡子別々なの。

私個人と致しましては生粋のテレ東信者でして、プリキュアの為だけに保有している銘柄なので
プリキュアの話題が微塵も出ず、映像がちょっと流れただけなのは大変残念です。
ABCフロンティアのアニメ事業が好調なのはプリキュアのお陰では無いのか。
- comments(0) -
 お披露目イベントの参加は実に5年振りですね。
ららぽーと豊洲は映画の度に毎回来ているので特に迷わず10時50分到着。

既に優先観覧エリアは一杯ですが、これは事前に配布される整理券が必要で親子連れ限定。
一般観覧はそれを取り囲むような形で、まぁ割と蚊帳の外から眺める感じです。
ベビーカー置き場の方が良い位置陣取ってるからね! ベビーカーに優しいイベント。

11時スタートで司会進行のお姉さんが登場して諸注意。
まずは北川理恵お姉さんがOP曲を披露。

入れ替わりでスタートゥインクルの4人がご挨拶し、1曲ダンスして自己紹介。
歌があった気がするけど変身シーンの曲なのかな。
前情報何も入れてないから自己紹介でネタばれを食らっている気がしなくも無い。

そこに吉武千颯お姉さんが合流してED曲を披露。 プリキュア達はダンス。
イントロを聞いてピンクレディーとか言う人は優先観覧エリアの親世代を遥かに通り越している。

そして観覧のお友達とのダンス練習。 多分此処が一番力を入れているのではと思う。
千颯お姉さんが振りを飛ばしても忘れても司会のお姉さんが優しくフォロー。
練習はゆっくり丁寧だけど、曲に合わせるとあっと言う間です。
更に練習していない部分も含めてED曲をもう一度。

その後は千颯お姉さんと入れ替わりで理恵お姉さん再登場。
春映画の宣伝とミラクルライトの紹介をして、今度はダンス練習をしてからテーマソング披露。
OPEDに加えて春映画のテーマソングまで歌ってくれるとは思わなかったわ。

最後はOP曲をフルで披露。 フルと言うか2番は無く1番の終わりから間奏繋げて最後まで。
間奏終わりで千颯お姉さんも合流。 勿論ダンスの練習もありました。

歌手のお姉さん達とは此処でお別れ、プリキュア達も一旦退場し、会場は握手会の準備に。
此処までで30分ちょいと言った感じです。 屋外だけど快晴で暖かかった。



写真撮影やSNSへの投稿はOKで動画撮影や録音は駄目。
でも一般は遠い所からしか撮れないから何だか良く判らないよね。
ごついカメラを抱えてるお姉さんを何人か見掛けたので
きっとショーに通ってるタイプの方達なんだろうなぁと思った。 ガガガの世界。

握手会はステージでは無く、優先観覧エリアの出口で行われる客はけの良いスタイル。
その為、一般観覧でもゼロ距離で写真を撮れる機会に恵まれました。



ららぽーと屋内ではおもちゃの展示販売、書籍や春映画の前売券の販売も行われています。
思わず前売券を買ってしまったけどムビチケだしポスターは貰えない。 シール貰えたから良いか。



その後は一旦豊洲駅付近に戻って食事をして時間を潰し、14時の回も観覧しました。
流れが判っているので今度はステージの真横から。 そして握手会の開始に合わせて移動。
握手会終わりが撮影チャンスなんだろうけどソレイユが目線くれたから満足して帰るル。 ル?



チラシ類はプリティストアに行けば貰えると思う。
ステージ脇にプリキュア達のパネルや春映画のポスターパネルがあって
整理券を持ってる人だけの撮影スポットだったけど、これもプリティストアや映画館で。

久々にプリキュアのイベントに参加した感じだけど楽しかった。
時代が移り変わっても抑えるポイントは変わらないね。
これで一緒にダンスが踊れたらもっと楽しいんだろうけどなぁ!

関連:ハピネスチャージプリキュア!おひろめカーニバル
- comments(0) -
 「提督が居酒屋に着任しました!」「えっ提督此処で働かされるの?!」

一度は美墨さんのお誕生日合わせで新宿店に予約取った物の、やはり行くなら旗艦店だろうと。
その結果、月末まで我慢する羽目になったんだけど、今月頑張った自分への労いも兼ねて。



秋刀魚祭り旗艦店の魚串さくらさく神保町店外観。 周囲は古本祭りなのに此処だけ秋刀魚。
予約が取れたのはその日の最終、21時の回。

15分前位に到着すると、店の前で待機してる提督がちらほら。
店員さんが予約の確認に来て、列を作った後は最初の一杯を事前注文出来るシステム。
並んでるのが20人程度だった事もあり、日時振り替えも含めて初動の混乱から学んだ戦訓かしら。
尚、店の前で延々と艦娘音頭が流れてるけど流石に踊ってる人は居ない。

定刻になり入店すると、店員さん達の提督着任の掛け声が。
完全に居酒屋の乗りだけど、水雷屋もこんな感じかも知れない。
2階に上がると榛名がお出迎えしてくれました。 榛名なら大丈夫。 駆逐艦だったら理性が心配。

2つのテーブルに4人ずつの相席で2階に通されたのは8人。 後から遅れて4人来たけど。
最初に店員さんからコース料理と乾杯に関する説明、そして榛名からは物販の説明。
既にビールは運ばれて来ているので、早く飲ませろよと言う気持ちで一杯です。

乾杯は店員さんの合図の元、全員で抜錨を叫ぶスタイル。
何故か1階のお客さんとの対決を煽られる。

そして次々と運ばれる秋刀魚料理はテーブルが狭いので随時片付けないと乗り切らない。
この辺は余裕持たせた分の空いてる席とか活用して欲しい気もした。 荷物も置けないし。
秋刀魚は美味しかったです。 ちょっと焼き過ぎな風貌だったけど。

相席した提督が色々と話を振ってくれて艦これ談義に花が咲きました。
着任歴や嫁艦、イベントの思い出とか、割と無難な内容でした。 主主偵徹の話題は無かった。

話をしている間にも料理は来るし酒が無くなれば注文するしで交流がメインになってた感。
料理の写真とか最初に撮っただけだし、店内風景とか全然撮ってないの。
お刺身を追加注文して振る舞ってみたけど、特典目当てな気がしたので自分で頂きました。

限定絵が絡む一部の物販はサイコロの出目で買える権利を獲得出来るシステム。
権利譲渡の為にサイコロを振ってみたけど、そこは好機に弱い提督。

100分制だけど1時間でラストオーダー。
先に特典や物販を渡されて中身の確認をして、帰りに会計をして1時間半。



今日の戦果。 飲み物一杯でシール1枚。
艦娘生の響きに誘われて次々と。 初霜ももふもふしたし、締めは矢矧。
コース料理で充分お腹一杯になるから缶バッジ付きの単品を注文し難いのが難点だな。
イ級串頼むの忘れてたし、お品書きも欲しかったのに完全に抜け落ちてた。

とても楽しかったので、こう言うお店が常設であれば良いのになと思った。
初日から今のスタイルに落ち着くまで大変だったとは思いますが。
運営ちゃんはいつも詰め込み過ぎるから。 提督は歓談の場が欲しかっただけなのかも知れない。

●鎮守府 第二次 秋刀魚祭り
- comments(0) -
 今年も気合を入れて9時前にピューロランドに到着。
と言うのも、株主数が前期比で1万人近く増えていて、地獄の混雑になりそうな懸念から。
実際、地獄とまでは行かなくとも、入場待機列は昨年より伸びています。

1Fに降りて最初にグリーティングしてくれたのはキティとマイメロディ、そしてシナモン。
まずは今回の目玉、KAWAII KABUKIに早々と並びます。 歌舞伎を観るのなんて20数年振り。
今年観劇した中で一番面白かったと言える。 数える程しか観ていないとは言え。

映像の使い方が凄く上手くなったし、とても楽しい。 字幕モニタは犠牲になったのだ。
ミラクルハートライトを連動させるのも面白いけど、もう少し工夫があっても良いかも知れない。
撮影禁止は惜しいけど劇場ならそれが普通だし、ショー構成だった時とは違う。
これはステージフォトを販売するしか無いな!

終わって次は先行上演のMEMORY BOYSを観ようと思ったけど生憎の満席。
時間が空いたので混雑していない内にローストビーフ丼を召し上がって2回目の上演に並ぶ。
こっちはまだ公開ゲネ的な印象だけど、フェアリーランドシアター独特の機構を上手く使ってる。
映像演出も面白い。 眼鏡はつんでれ。

観終えて丁度良い時間なので、パルテノン多摩へ。
13時20分に受付で、入場票の受付番号は237番。 手前の方が番号は若い。
2列目の席の真ん中辺りが空いてたので確保してロビー待機。



ファンが集まって(オフ会かな)
物販があって(アイドルのライブかな)
グリーティングがあって(握手会かな)
リーダーの挨拶から始まって(バンドかな)
笑いの絶えない(お笑いかな)
株主総会(サンリオだー!)

今年はまるもふびよりとぐでたま。 ぐでたまは台車で運ばれてて介護を感じる。
時間になるとグリーティングが来るのを判ってる人達はロビーで待っていて
キャラが登場すると一斉に反応してぞろぞろと後追いする愉快な光景。

今回はグリーティングをしっかり体験しようと思って
観劇の合間にも色んなキャラと一緒に写真撮って貰ったりしてたけど
慣れてないからポーズが不自然だったり首脳会談みたいな構図に。 身長差も考えないとなぁ。

毎回前置きが長くなりますが、此処からがメインです。
野村常務が進行で、勿論議長は辻社長だけど、事業報告と議案の上程は江森専務が行う配分。
友子さんも黒のお召し物で全員の統一感が出ています。

質問タイムの質問者は6人(昨年は7人)で、結構毎年同じ面子が手を挙げてたりする。
ハーモニーランドおじさんは昨年要望してたサントラCDが発売されて感謝してたり
四国のキキララおじさんとは高松のショップ事情を雑談したり
自前のカメラに拘るレディとのやり取りとか、もう定番の掛け合いに思えて来た。

物言うだけで無く、情報収集したり原画展に足を運んだりと、しっかりファン活動してて凄い。
CDが今日の客入れ音楽にも使われてたなんて全然判らなかったよ。

昨今の風潮からお土産くじの廃止を残念がる株主に対しては
くじ位引かせてやれと株主の味方みたいなスタンスの辻ちゃんですが、結局決めたの社長だよね。
そして代わりにスモールギフトとしてロビーでの物販を宣伝する近年のスタイル。
商品を手に取り、事業報告のビデオに使ってたスクリーンも再度出して説明。

孫の朋邦君はメディア部に移ってマーケティング本部を新設。
外部から人を入れてマーケティングの機能を整えるのが今年のお仕事。

質疑の詳細は2ちゃんに書いといたけど、どうも今回は質疑応答を早く切り上げたい様子。
拍手タイムで閉会し、取締役の紹介と挨拶で15時1分終了。
名前を噛まれた谷村さんはともかく、忘れられて紹介を飛ばされた岸村常務は怒って良いぞ!

懇談会は最初に朋君から一言あって、営業利益100億を目指す中期経営計画の説明。
200億を越えていた時期もあるからポテンシャルはある。
マーケティング文化が無く、キャラクターを生かし切れていないと言われたが
新設させたマーケティング部でブランド力を最大活用し、良き物は伝承し駄目な物は壊す
サンリオを変革して行く会社にして行きたいとの事。

熱意は伝わる。 此処で挨拶がある辺り、そろそろ歴史の転換点が近付いて来る感じですね。
ただ、今の懇談会で聞きたいのは別にそう言う真面目な話では無かったりする。
真面目な話をする場では無かったのか?!

私が辻ちゃんのお話を毎回楽しみにしているのは
緩いお喋りを交えながらもサンリオの理念だとかキャラへの思いを静かに語っているからで。
とは言え、朋君にいきなりそんな真似されても困惑するけど。 以下、辻ちゃんの言葉を抜粋。
株主総会に合わせて背広を新調、秘書に言われて25000円のYシャツも買ったので褒めて

サンリオは皆と仲良く生きて行こうの会社で60年やって来た
10歳の頃百貨店が出来て、行くと楽しくて一日中見て歩いて最後に食事して帰ると楽しいと思った
最近の百貨店は立派なブランドの店ばかりだが、外人はブランドじゃ無い何かが欲しい

あらゆる物が何処でもスマホで買え、コミュニケーションもSNSで逢って話せる時代だが
スマホだけでは解決出来ないのがスモールギフトビッグスマイル
直接手渡してこそコミュニケーションが取れる

新聞もスマホで読み、映画も観られ、出掛ける必要が無くなる
しかし好きなタレントには逢いに行く、秘書は聖子ちゃんのファン、実際見なければ本当の興奮は無い
タレントがキャラクターでもあり、逢って写真を撮って一緒に歩いてが凄く嬉しい

ピューロも人が集まってくれた、キャラクターがタレント化した時代
キャラクター300体の内、ピューロで稼働してるキャラは80体
多くの人を癒してくれる存在として、仲良く助け合って生きてく世界を作って行きたい
そろそろ引退も(視野)だけど、サンリオを一緒になって応援して下さい

3個1000円のスモールギフトは僕が計画したんだから買って下さい
逢って言葉を掛けて出掛けて行って買ってを是非やって貰いたい
時代が変わって行っても仲良く助け合って生きる事はスモールギフトが良い
試しにやってみて、スモールギフトビッグスマイルの喜びを味わって下さい

売上の良くないお店とかあったらロイヤリティ担当に言いに来て下さい、株主ですから

配当が少なくなって申し訳無いけど赤字になった訳じゃ無いから
元に戻る様に努力するから宣伝に協力して下さい

この時、スモールギフトの内容やキティ新幹線プロジェクトをスクリーンで説明。
流石に今回は何も食べなかったな! 去年がやり過ぎなんだよ。

終わったのは15時半。 後で話しますからと言いつつ、凄く短くて辛い。
しかし体力的な心配もしないと行けないのか。 そして朋君に直談判する株主の姿が。

ロビーでは辻ちゃんが宣伝した物だけが飛ぶ様に売れまくる。
社長自身がキャラクターでありタレントだと言う事が良く判る。 矢沢のタオルみたいだな。
お土産くじが廃止されたのに物販スペースも縮小したのはこの導線確保の為か。
まるもふぐでたまコンビは帰りもお見送りしてくれたよ。

ピューロに戻ってからは再びグリーティング祭。
Miracle Gift Paradeは少しだけ観ようと思ってたら曲が一新されてて最後までお付き合い。
KAWAII FESTIVALはミラクルハートライトの振付部分だけ残してるから逆に違和感を覚えてしまう。

七夕っぽいミラクリュージョン★スターライトドリームを観て、最後にマイメロードドライブ。
お買い物をしたりで閉園間際まで居たけど、お土産廃止で混雑は緩和された感じ。 楽しかった。
心残りとしてはリルリルフェアリル大行進だな! いつも総会と時間被ってて観られないんだよ。

関連:サンリオ 第57回定時株主総会
- comments(0) -
 梯子外されて逃げ遅れたか落ちるナイフを掴んで放せない皆さんこんにちは!
そんな感じで折角だからと出席して来ました。 会場は東京証券会館9階の会議室。

9時40分到着。 案内看板が何処にも無くて、9階に行ってやっと確認。
このシンプルさに、今迄に無い体験が出来そうな予感(実際は本日の予定一覧に記載されてた

出席票の番号は16番。 受付が一つで会場内はガラガラだったので番号通りかも知れない。
人通りが少ないので関係者全員の視線が注がれてる感じがして、ちやほやされたい人にはお勧め。

会場は長机を横一列に並べて白布を掛け、役員席と株主席との間に仕切りを作る謎のスタイル。
何処に誰が座るのか名前が書かれてなくて困惑。 とりあえず最前列に座ります。
役員の皆さんは各自左胸に名札を付けていて一安心。 そう言うのもあるのか。
そして監査役は事務局よりも更に後方の端と言う、奥行きのある陣形です。

雅美ちゃんはこう言う議事進行に慣れてないの。
分厚いファイルと睨めっこしながら、招集通知の内容をひたすら朗読する退屈な時間。
報告事項は一応主目的だけど、省略する部分もあるんだからもう少し簡潔に出来ない物か。
小島井上両取締役はお手元の資料に集中してたけど、その他の人は本当に適当に流し見。
事務局は暇なのかこっちを眺めてる奴とか居たからな!

議案の上程をして質問タイム。 質問者は延べ10人、何度も手を上げる奴が居て良く判らない。
要約すると、足元の構造改革が終わって事業ポートフォリオの見直し、事業内容の拡大を模索中。
中国の子会社を起点として海外展開の強化、RIZAPグループ内アパレル企業とのシナジーを構築中。
つまり、これから色々と頑張る。
詳細は2ちゃんに書いたんでそれを参照して下さい。 5ちゃんねるを略して2ちゃんだよ。

RIZAP本社から役員が来てないと質問されてたけど
社長の受け答えからは、確実にRIZAP信奉者である事を感じさせる。
事務局も含めて、社長以外はただ座ってるだけに見えたのも印象的。 個人の感想です。
退任する人のコメントとか聞いておけば良かったのかな。

その後は採決からの拍手タイムで閉会。
再任だからか、挨拶も紹介もせず足早に去って行き、11時16分終了。

意匠撚糸の話はちょっと興味出たけど、来年も塩漬けになってたら出席するかは微妙な所。
事業の幅広げて大丈夫なのかと思うけど、不動産とかF1に投資とかじゃ無いから良いのかな。
- comments(0) -