手を抜かず楽を心掛ける非公式なウェブログ。
電話の人は画面下にあるPC表示の方が見易いです。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
LINKS

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
 最初にどうしても言っておきたいのが、上映館が少な過ぎる事。
いつも提唱している空港の滑走路問題と映画館の上映数問題ですよ。
都内で4館、23区内だと新宿と亀有のみってキンプリの初回上映より少ないのでは無いか。
一体何処の誰を責めれば良いのか。 TXN全国ネットのアニメで延べ300万人アイドルのゲームだぞ。

普段なら初日に観に行く所ですが、亀有が遠い事もあり、混雑を避ける為に週末は我慢。
思えばこの考えは若干甘かった。

私がバルト9を嫌いなのは一極集中で混むからです。
初日舞台挨拶や応援上映を良く行っているし、他の映画の公開日と重なってれば更に混む。
だから平日10時の回を選んだ訳で、実際ガラガラだったんですが。
観終わってパンフ買いに行ったら完売してたんだよ! もう、おにおこ。 まだ公開3日目だよ。
これはもうずっと嫌いと言い続ける事になりそうだな。

映画の感想に付いては、タイトルにライブと付いてる時点で気付くべきだったのか。
プリズム☆ツアーズやアイドル☆グランプリの流れを汲む春フェスでした。
確かに今回はストーリーがあるって言ってないもんな。

ふでやす脚本だし深く考えずに楽しもうと思ってたけど
梅星が激突した途端、らぁらだけいきなり着替えてた事が凄く気になった。 誰も突っ込まないし。
そふぃが新曲を披露した時はそふぃのコースだと勘違い。 梅はご覧のスポンサーの提供でした。
このライブのそふぃ様は登場時から凄く良いし、コーデも複雑な気分になるけど良い。

ストーリー分岐はその後で、らぁらがなおと出逢ってプリパラデビューしたパラレル。
でもこれじゃ本当にみれぃがなおと入れ替わっただけだよ! なおは語尾になおって付けないよ!
なおのCGモデルがライブで出た時は感激したけど! これはきっといつかテレビでも!
ただ、サイリウムチェンジの衣装はみれぃのだった気がする。
この分岐パートは一瞬で終わったので、他のコースでもちょっと1曲やる程度の物だと思う。

水星で海水浴をしてたけど、釣り対決してた海王星と被るのは気にしない。
唐突に訪れるプリパラの危機に対する、ちゃん子ちゃんの表情が可愛い。
ぷりぱら☆ラランは振付動画を公開してたからEDで踊るのかと思ってたプリキュア世代。
その基準だとこれは「EDは皆で踊る」では無く、「ピンチは皆でライトを振る」に近いな。
めが姉ぇの科白から応援上映が前提になっている。 尚やる気を見せていたひびきは踊っていない。

EDはプリパラ☆ダンシング!!!をバックにベルトコンベア的にアイドル達を紹介。
今回は応募する暇が無かったので、こんなに良い扱いになってて嫉妬しちゃう。
更にそこから主題歌Just be yourselfに乗せてランウェイ開始。
途中イオンの肩書を背負ったキャラが何人か居たけどあれはコラボなのか店長なのか。
そしてランウェイの最後を飾るのはレオナ! 本題は此処からだった!
その前に、隣に居たキャラは4月からの新キャラかと思ったけど髪の色が違うな。

レオナとめが兄ぃの密会から大胆なファスナー下ろしがもう大変。 そふぃよりえろい。
ダンプリにレオナもちゃんと行ける事が判って一安心。
最後は新シリーズのキャラがご挨拶して終わるシステム。
帰りにヨドバシで前売券と入場者プレゼントのプリチケを使って遊びましたとさ。

●劇場版 プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!
関連:劇場版 プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ! SONG COLLECTION
- comments(0) -
- - -