手を抜かず楽を心掛ける非公式なウェブログ。
電話の人は画面下にあるPC表示の方が見易いです。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
LINKS

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
 会場は昨年に続き、シェラトン都ホテル東京、地下2階の醍醐です。
14時半に受付、出席票の番号は353番。

お土産のDVDは昨年の映画でした。 有難う御座います。
何故アラモードでは無いのかと言うと、まだ発売していなかった。 流石にフライングはしない。
会場の前半分は席が結構埋まってる印象。 スクリーンでは宣伝PVが色々と流れています。
社長の正面は空いていなかったので、泉水さんの正面に座る。

1年振りの中山君は前髪ぱっつん疑惑が浮上したけど気のせいだった。
議長のマイクはついにネクタイに付けるワイヤレス仕様に。 これは収録なのか。
その内に耳掛けタイプになるのではと期待している。 これは舞台なのか。

監査報告からの事業報告は映像とナレーションで行い、対処すべき課題は中山君が読み聞かせ。
質疑応答では株主の皆さんがちゃんと経営に関するどうでも良い質問ばかりするんです!
時代は変わったのか。 他社とは違うんです。

拍手タイムで閉会からの補欠監査役の紹介。 散会の挨拶で15時51分終了。
驚くべき短さにちょっと調子狂うよね。
権利を取った3月から此処最近の株価の堅調さを見たら誰も文句を言えない。

休憩を挟んで16時15分からは経営近況報告会。 お手元の資料が中綴じにパワーアップ。
会社概要から業績概要の説明、業績予想と記念配当のお知らせ。
営業利益60億に再度挑戦し、6期連続増益を目指す。 そして今後の作品ラインナップを映像で紹介。

今年の質問タイムは客席をブロック毎に分けて順番に募集する新スタイル。
このお蔭なのか、経営近況報告会の質問者は9人と前年比で4割も減っています。
尚、通常通りの進行だった株主総会も昨年の12人から8人と減っていますが。
主に質問内容は省略して、回答を整理して書いておきます。 2ちゃんには箇条書きで。

・経営関連
HONEY PARADE GAMESの社長はカグラが代表作の高木、彼をブランドとして売って行きたい
ハニパレブランドを作りたいと思って独立させた
現状予定は無いが、続くプロデューサーを輩出して行きたい

売上減で利益増、新作オンラインゲームが不調で未達、新年度なので(?)利益は達成出来ている
事業の売上構成比はバランス良く1/3ずつにして行きたいが意識はしていない
現預金が多いのは、今は無いがM&A案件に対応する為、株主還元は色々考えたい

投資有価証券に付いては、現金で持つよりは少しでも稼ごうとしている
本業はエンタメであり、元本割れしない物や安全性の高い債券に投資
株式や不動産はせず、ルールに則り厳格に慎重に運用している
(例に挙がった)コーエーテクモとは運用が違うし額も違う

ヨーロッパ子会社は所在地が英国だがまだ小規模でソフトのパブリッシングのみ、物流は他社
ブレグジットに関して直接の影響を受ける事は無い

・オンライン事業
ディズニーマジックキャッスルはサービス継続とユーザー保護の観点からディズニーと協議し運営移管
売上は無くなるが利益に関してはそんなに影響は無い

剣と魔法のログレスで海外チャレンジしたが失敗し中国撤退、諦めておらず英語圏5ヶ国にリリース
日本大好きユーザーに向けて狭く深く、IPコラボも始めており想定より上の結果
親和性の高いタイトルをリスクを取らずに展開して行きたい(欧米を目指して撃沈した過去があります)

戦刻ナイトブラッドは始まったばかりであり、イベントはまだだがこれから追加で配信
女性向けコンテンツの人気目安に公式Twitterのフォロワー数があり、50万(確か)を目指す
漫画連載やノベライズ、グッズの新商品と多メディアで展開し
10月のアニメを山場と考え、盛り上げてIPとして育てて行きたい
ゲームが重いのは仰る通りで、アニメやボイス、音楽が大きいので軽量化を図りたい

・コンシューマ事業
TRYPODは注文順調でロケテストの反応も上回っている
1回で景品が取れなくて諦めるよりは何回もプレイする傾向、お店で調整も可能
特許は会社として進めているし、海外もやる様にしている

閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASHはE3で好評、海外販売は見込める
Switch版は今の所予定は無いが検討して行きたい

・音楽映像事業
アニメの本数は年に1〜3本、2クールより1クール13話物が多くなった
レンタルビデオ業界が無くなり、販売も配信や無料放送等で少ない
アニメが70本作られるとしてトップの3本に入らないと赤字な為、1本に注力する為に絞っている
劇場アニメも数多く出ているが目立つのは数本
アニメは絞っているが舞台やゲームと組み合わせて展開
失敗したらリスクの高いオンラインゲームよりアニメや音楽事業は国内安定

主幹事としてクオリディア・コードは思ったより振るわず残念な結果
メディアミックスを3〜4年掛けて計画してたが上手くタイミングが合わず皺寄せはアニメに
戦刻ナイトブラッドは過去の経験を生かして順調に進めているのでご期待下さい
Fateのアニメとゲームの連動は今の所予定は無いが放送中にプロモーションはして行きたい

舞台チケットに関しては一社で主催している訳では無いので優待は厳しい
チケットの品薄は2.5次元舞台の活況で小屋取れない問題で日程もキャパシティも不足
劇場の閉鎖による減少もあり、2〜3年先を見越して早めに対処したい
加えてキャストのスケジュール取れない問題もあるが、客席数の改善は努力して行きたい
ライブビューイングを行ったりライブ配信を取り組んで行きたい
劇場不足ではあるが国内全部の劇場が埋まっている訳では無く
会場費が倍になる様な劇場には空いている所もあり、(値下げ等の)アプローチもしている

チケット転売は年々大きくなる問題で、改善策を取り入れファンに届く様に考えている
2.5次元ミュージカル協会(中山君が理事)としても具体的な方策を
先行販売申込券をDVDに付けたら効果がアップした、FCを作って会員限定にすると新規が付かない
電子チケットの普及等、客席数問題もあるので色々考えたい

海外展開は2.5次元舞台を浸透させる為にライブビューイングを行っている
パリのJapan Expoで弱虫ペダルのプチ公演もしている
来年以降位からやって行きたいし、テニスの王子様はやっている(一度中止した経緯があります

究極の形は海外に輸出して海外のキャストで公演してロイヤリティを貰う考え
いきなりやっても客が来ないのでまずは日本のを持って行って
将来的にはローカルのキャストでやりたいと言う夢

順調に終了して17時17分。 本当に1時間で終わらせたので、株主総会が短かった分、早く感じた。
舞台関係で興味深い話も聞けたので、皆さんの挙手は無駄では無かった。 質問はどうでも良かった。

割と気になるのは海外戦略が弱腰と言うか、散々失敗して来たせいで苦手意識があるのでは。
失敗しても構わんと言う強気姿勢では無く、失敗してもそんなにダメージ無いからと
リスクは取りたくないけどリスクを取らないせいで失敗してる気がする。

関連:マーベラス 第19回定時株主総会
- comments(0) -
- - -