手を抜かず楽を心掛ける非公式なウェブログ。
画面下にあるPC表示の方が見易いです。
NEW ENTRIES
ARCHIVES
LINKS

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
 お仕事のせいで久々に公開初日を逃してしまいました。
もう少し時間に余裕があれば朝一番に行っても良かった。 行っておくべきだったか。
そして秋映画と言えば台風です。 雨風に立ち向かってこそのプリキュア。

ミラクルライトの説明はゆかりとあきらが担当で親御さんもうっとり。
3つのお約束はどんどん簡略化されている気がする。

最初は同時上映の「Petit☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!」から。
CGの具合、画面全体の色使いが凄く良くて可愛い。
一番の注目は、泡立て器をモチーフにしたミラクルライトを普通に振らずに回す動作を促した事。
これはミラクルライト業界に革命を起こしたと言っても過言では無い。 メガホン業界では普通だけど。
モフルンを掴んで飛びながらライトも照らすアロマ超頑張ったね。

そんなミラクルライトが何故本編でシエルの師匠ピエールの家に置いてあったのかは謎。
ピエールのキャラが甘太朗そのまんまで笑ってしまう。
シエルに迫るピエールに、あきらの慌て方が意外。 頭突きが三段活用されるとは思わなかった。
OP曲の終わりに科白を被せてそのまま本編に続くのは結構好き。

此処数年はミラクルライトがどう使われるかに重点を置いて観ている気がします。
街の人達皆の手に行き渡る映画のミラクルライトはいいやつ。
対して現実のミラクルライトはいいやつじゃない。

今回、変身出来なくなったシエルを助ける為にライトを使ったのは
ピンチに対し単なるパワーアップでは無い、応援の意味合いが強くなっていた印象。
流石、元祖応援上映。

逆にスーパープリキュアはついでの強化って感じだったけどね!
羽が付いたけど妙に地味で輝きが少ないし。 「皆、有難う」も無かったし!

ストーリーはギャグが多めで本当に良かった。
落ち込む場面があっても暗い雰囲気を引きずらないし、固い空気にもならず緩いのが面白い。
ゲスト扱いの魔法つかい勢は全般的に色々とずるい。

ホイップ達が別のアニマルにされたのは映画館で初見を迎えたかった。
しっかり見せ場を作ってちゃんと反撃開始って感じがしたのはカスタードだけな気が。
怠けてるけど戦う気はあるジェラートとか必殺技も出したショコラとか居るけど。

ショコラのタクシー発言はいきなり現実的になって笑ったけど、その後の展開が凄い。
笑いながら、これはプリキュア史上初なのではと思った。 パリ凄い。

ミルフィーユのデコレーション素材をスイーツに変えられた街並みから集める。
何も問題は無いな! 相手の力を利用するテクニックだから!
ホイップクリームはキラキラルで出せるだろとは思ったけど。

倒れたエッフェル塔をEDで皆が頑張って元に戻してるのが良かった。 アフターケアも忘れない。
クレジットに注目してたけど、アンニョヌエボ達は居なかった気がする。
と言うか、旧TAP参加してたのかな。

予想通りと言うか、教徒は自分で日時を選んでおきながら欠席です。
チケットを忘れたとか言い訳は要らないんだよ! 受付でお金払えばそれで観られるんだよ。

次は来年3月17日。 絶対に予定は空けておこう。
スーパースターズってネーミングは流石にアイデア出尽くし感があるけど!

●映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!
関連:映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ! ED主題歌シングル
関連:映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ! オリジナルサウンドトラック
- comments(0) -
- - -