手を抜かず楽を心掛ける非公式なウェブログ。
電話の人は画面下にあるPC表示の方が見易いです。
NEW ENTRIES
ARCHIVES << >>
LINKS
 実に5年振りの出席になります。 その間に社名が二度も変わりました。
会場はシェラトン都ホテル東京、地下2階の醍醐。
前にも来た事がある気がするのはホテルの作りが何処も似ているからなのか。
14時40分受付、出席票の番号は73番だけど、受付が複数あるので順番通りではありません。

お土産にはプリキュアのDVDを頂きました。 有難う御座います。
配当も復活したし、後は優待と懇親会だな! お水も頂けたので、それで充分です!
広い会場になって、席も真ん中位までは割と埋まってる印象。
最前列の中央が空いてたので、社長の席の正面と言う事もあり、そこに座る。
中山君はちょっと老けたかなって印象を受けたけど、そんなに頻繁に顔を見る訳でも無いし。

事業報告は映像とナレーションで。
現在はオンライン事業、コンシューマ事業、音楽映像事業の三本柱で
ゲーム事業からオンライン部門が独立し、アニメと舞台が一つになっている。
剣と魔法のログレスやポケモントレッタをマーベラスが出してる事を今回まで知らなかったよ。
トレッタはタカラトミーが出してると思ってたし。
私がマーベラスに興味を持ったのはプリキュア関連銘柄だからで、ゲームに関しては無関心。

長い質疑応答が終わって拍手タイムからの新任取締役の紹介と挨拶で16時15分閉会。
休憩を挟んで16時35分より経営近況報告会。 緊張が解けたかちょっとお疲れムードの中山君。
前期に業績予想を達成出来なかった事へのお詫びから始まり、営業利益60億を目指す宣言。

会社概要から業績概要、そして業績予想と配当、今後の作品ラインナップを映像で紹介。
各セグメントの業績予想と合計が合わないのは良くある。
質問タイムは司会の人から去年も長かったからちょっとは考えてねと釘を刺される。
とは言え今回も株主総会で12人、経営近況報告会で15人も質問しているので長い。
両方の内容のメモをセグメント別に分けてお届け。 セグメントって言ってみたかったんだよ。
聞き漏らしや抜けはあるけど間違いは無いと思いたい。 2ちゃんには箇条書きで。
そして良く見ると招集通知にも同じ回答が書いてあったりする。

・経営関連
連結総資産の現預金が87億あるが、配当は今後もこの程度で、オンラインゲーム開発に3〜5億
今後ゲーム業界の再編、M&Aも視野に入れてある程度余裕を持ちたい
配当性向30%以上の方針を約束するし、特別配当も出す時は出す

自社株買いは一定の条件を付けて後は任せるシステムなのでたまたま2日間で終わった
役員報酬を新株予約権では無くBBTにした理由は時価が出る為、株主と取締役の利益が一致する
リスクも背負うが株主と同じモチベーションを負う

円高の影響に関しては海外売上高があまり高くは無く、110円で算定していたが今は105円で設定
今後イギリスEU問題、参議院選挙、アメリカ大統領選挙とあるが、今のままなら大丈夫

新任取締役の泉水氏は元マイクロソフトなので同業、有馬氏も経歴を見れば色々とやっている
必ずしも同業で選ぶのでは無く広い見地で選んでいる
山口取締役が辞任した理由は本人の一身上の都合により
女性役員が居ないが性別は拘っておらず、牧場ユーザーも半分が女性だったりする
役員が企画を決めている訳では無く現場で決めているし女性の管理職も居る

平均勤続年数が短く見えるのは統合して5年で新人が30人、中途が60人入って分母が増えた為

・オンライン事業
営業利益拡大には一発当てるのが近道だがリスクありでギャンブルに近く安定経営は望めない為
今ある物の維持と利益を出す長期化運営
ログレスは10年続ける覚悟であり、今期は毎月行うコラボを通じてファン拡大を狙う
目指すのは休止ユーザーの復帰と課金に頼らない事で長く続けるアクティブユーザーを増やす
試行錯誤しつつユーザーに楽しんで貰うコラボを目指す
オンラインのマーケティングは地味で、効率良く獲得する地道なマーケティングが肝

厳しい競争環境で目を向けるべきは海外、次に狙うのは中国で7月リリース予定
中国狙いの理由は欧米を目指して撃沈した事や低リスクローカライズで数万本で好調となる事
いずれ中国の規模は世界一になると予想、日本のコンテンツが受け入れられ易い事から
中国進出は初チャレンジで未知の経験なので利益予想には最初から盛り込んでない
現地にライセンスを預け、ミドルリスクミドルリターンで仮にこけても大火傷にはならない
日本と中国のゲーム嗜好は異なり、台湾がその中間位
派手な演出を増やしたり課金方式を変えたりとローカライズに力を入れている

ディズニーのアプリは国内の成績には満足しておらず
かなり気合を入れ、存続しつつ売り上げを維持して1日でも長くサービスを続けたい
まず国内を固めた上で、海外展開はディズニーの考え次第

俺タワー不正者とゲームバランス、広報Twitterの誤字脱字問題に付いては
パブリッシャーはDMMで開発運営はマーベラスなので伝えておきます
存続やアプリ化等の移植はDMMと協議

オンライン事業の柱はログレスでありこれを何処まで維持出来るか
新タイトルも数本予定しているが出るかどうかは判らない
開発している物にパズルゲームは無いがスマッシュドラグーンがそんな感じ
他社は業績予想しない所もあるが、出した数字は達成したい

・コンシューマ事業
経営規模に付いてはポートフォリオ経営で行っている(良く判らん
今期予想が強気なのは新作を出した前期と違い実績のある堅いタイトルに加え、ポケモンやドラクエがある為

海外対応は国内リリースで海外で売れそうな物を、ファンが何処に居るのかを判断して出す
レギュレーションの違いでアメリカはバイオレンスは良いがセクシーが厳しくカグラはギリギリ

PSVRは5万円越えの高額商品なので、アメリカならともかく日本はスロースタートでは
フリートゥプレイ、最初から海外狙い、とりあえずやってみるの3つのアプローチがあり
一部対応のみとか、向いてそうな物を遠くない時期に出したい
VR技術は音楽映像とは相性良さそうなので対応検討

NXに付いてはまだ言える状況では無いが期待しているし、研究してタイトルを予定している

・音楽映像事業
事業報告には載ってないがプリキュアは非常に定番であり女児の通過儀礼である
以前はテニプリとプリキュアの二本柱だったが他のタイトルも良くなって多様化して来た
自社IPを育てようと強く思っているし今後も横展開で強いIPを作って行きたいしチャレンジする

新規アーティスト開拓に付いてはパッケージの低迷もあるが
音楽は付き物なので、持ち味を生かし幕末ROCKみたいなマルチ展開をして行きたい

刀剣乱舞やあんさんぶるスターズは去年は想像出来ていない事から
舞台化題材の枯渇の心配はしておらず、コンテンツに関しては期待している
以前は漫画がアニメ化してミュージカル化してたが、今はゲームや漫画からミュージカルになる
シリーズ化出来ているタイトルに注力したい

劇場が次々と閉鎖して小屋足りない問題があり、舞台化ブームで更に劇場が取り難い状況
1〜2年先のスケジュールを抑えておりニーズに合った客席数でやりたいが狙って取れない時代
小さい小屋ならキャストとの距離が近いがチケットが取り難く、ライブビューイングで還元したい考え
刀剣は決めてから公演やるまで判らなかったし、予測を越えているので次回は必ず何とかする

中山君も好きじゃない小屋や他に取りたい小屋もあるが、劇場環境と客席数どちらを取るか
今年から来年がしんどいが、早めにキャストを確保したり新劇場を抑える努力をしたい

自前で劇場を持つ予定は無いがシミュレーションした事はある
維持費や人件費の問題、キャパシティが決まってしまう為、今の規模の公演で持つのは難しい

ミュージカルのライブは既に薄桜鬼でやったし実現する要素もある、あんさんぶるではあり得る
幕末ROCKは夏に公演、今後の展望に関しては製作委員会の事もあり答えられない
弱虫ペダルのプロモーションに関しては至らなかった点もあり改善して行きたい

製作委員会方式なので他社にも決定権があると優待での優先チケットは用意出来ない
前述の事から今後は劇場や版元を委員会に入れるかも知れないが、100%出資なら出来るよ

刀剣のDMM配信の様な他タイトル舞台での配信は未定だが可能性があれば臨機応変に対応したい

大体こんな感じ。 公演関連でどうしても一言申したい大きいお姉さん方が数多く見受けられ
その建前としてまずは取って付けた様な質問を繰り出す、参考書えろ本重ね買い戦法が多発。
だから食事無しの懇親会があれば良いんだよ。 IRを通してご意見してねとは言ってたけど。

他にも、退任する久夛良木氏が一言求められて
「3年の社外取締役として新分野のゲームに刺激を受け非常に有意義な議論が出来た」との事。

もっと配当を出せば大株主になってやっても良いと言う今時珍しい古風な爺さんも居たけど
大株主上位10名の持株数と比率を見れば、現物をどんだけ買っても口出しすら無理なのである。

そして今回のハイライトはご婦人による「中山社長も頼もしくなられて・・・」と言う発言に
会場が微妙な笑いに包まれ、中山君が「有難う御座います」と返す微笑ましい場面かな!

これはゲーム事業がずっと足を引っ張って来てお荷物状態だった頃を知っていれば
そのゲームで黒字になり、しかも収益の要になっている事は大変感慨深い訳ですよ。
売上構成比を見るとオンラインが6割だからほぼ合併の賜物で、頼もしい存在は別の気も。
この人は何故かLINEの上場に関しても聞いてたけど、他社の事は判らないし特に影響は無いとの回答。

17時50分終了。 過去ログ見たら毎回こんな時間だったので、今回が長かった訳では無い模様。

関連:マーベラスエンターテイメント 第14回定時株主総会
- comments(0) -
 昨年の映画、春のカーニバルの延長で更に洗練された印象。
モフルンとパフ、アロマによるミラクルライトの諸注意は
本当にさっくりと最低限の事だけを紹介するので劇場マナー啓蒙の延長。

冒頭を歌って踊るのは素敵な物語の始まりを予感させてとても良い。
これはプリパラの映画でも感じたんだけど、アニメのOPとかなり違った印象を受けるのは
当たり前だけど絵と歌が合っていて、歌がBGMでは無くてメインだから。

ただ、ダンスは良いとしても科白っぽい歌詞の時に
手の動きも所謂ミュージカルっぽくなるのはやり過ぎかなぁと思う。 ちょっと位なら。

今までは先輩プリキュア達の手厚いサポートを受けながら戦いに参加して
最後に美味しい所を任されるのが新人プリキュアの役割でしたが
早い段階で離れ離れにされ、独りで行動してお互いの元へ辿り着くのは最も過酷な洗礼かも知れない。
新旧プリキュア運命の出逢い演出は無いし、先に前シリーズが変身するのも珍しい。
サファイアスタイルをオンエアよりも一足早くお披露目してたけど、本当に見せただけだった。

ピンチに次々と駆け付けてくれる先輩プリキュアは伝説の戦士だらけなので
伝説の魔法使いと言う言葉は出て来ない。
魔法を使ったのは最初だけだし、最初に繰り出した技はドリルキックだし。
そしてキュアエコーが来てくれて感激。 集合絵に居たの気付かなくてごめんね。
皆がミラクルとマジカルに関していつ共有したのかは、毎年春はそう言う物だと思ってるのかも。

最初からプリキュアが半分以上捕まってるのは、そうしないと話が進まないんだよ!
それぞれ似た様な状況で捕まったんだろうし、あの檻も壁も割と壊れないんだよ! 考えてみて!
そんな訳でキュアブラックが陣頭指揮を執ったのは一度だけ。 しかしMHからはまさかのルルン!

今回はギャグが多めなのが凄く嬉しい。 今までは詰め込み過ぎでそんな余裕無かったと言うか。
ピンクチームのまとまりの無さと言ったら堪らないね! もう大好き。 必殺技とか超好き。

ミラクルライトを使う場面も何度か用意されてたけど
捕まったプリキュアを助ける為にミラクルとマジカルも一緒に振るのは斬新過ぎる。
魔法の杖って扱いだから不自然では無いけど、見た目はいつものライトなので完全に傍観者。
しかしそこで爆発からの全員吹っ飛びが帰って来た! しかも左側から!
「皆、有難う」は捕まってた全員で!

後、歌に合わせてライトを振ると言うお願いはちょっとハードルが高いと思った。
リズムが取り難いし、途中に人々がライトを振る描写があったけどこれは最初に欲しかったな。
この時の「皆、有難う」はキュアミラクルとキュアマジカルが担当する美味しい場面。

劇中で歌を歌うとどうしても尺を取られるし、歌と歌の繋ぎが長く感じられて
後半に入ってクライマックス前にちょっと集中力が途切れる可能性。
逆に、歌に集中してバトル描写が短く感じる効果も。

ボスとか黒幕と言えば終盤までずっと椅子に座って全く動かないのが基本だけど
ソルシエールは親玉扱いながら、割と出歩くし冗談も言う。
歌って踊るからと言うのもあるけど、貫禄よりも親しみ易さが前に出る不思議な敵。

そして感謝されて赤面する可愛さ。 変身後の格好は新しい仲間なのかと思える位。
しかし頭のハートは失恋状態の時の方が頭飾りとしては良い気がする。
後、ソルシエールを育ててくれた先生は白金さん説。 多分違う。

ラストのお花見の短さと言ったらオールスターズ史上最短のエピローグだと思う。
キャッキャウフフを楽しみにしてたのに!

EDが流れると客席も明るくなるダンス容認仕様。 クレジットを見逃してしまう綺麗さ。
映画終了後に2つもお知らせがあるのはプリキュアだけ!
次は10月。 スケジュール大丈夫なのかと今から心配。

パンフレットは通常版の他にCD付きも発売してて、EDがとても良かったのでCD付きを選択。
クリアファイルも買っておけば良かった。

予報では昼から雨で荒れるとの事で、定番だなぁと思ってたけど、帰宅時にはすっかり良いお天気。
一緒に映画を観る筈だった教徒君は相変わらずの寝坊です。 毎回特に約束はしてないんだけど。

オールスターズは夢の共演と言う一方で、人数多過ぎ問題が本当に洒落にならない。
1画面にメインキャラを40人以上とか既に限界突破している。 青山様ご自愛して。
キャストの限界はNSで潔く方向転換したし、今回も意識的かは判らないけど色々と変化を感じた。
今後もオールスターズが継続してくれれば良いなぁと。

ただ個人的な問題として、シリーズの順番もそうだけど
プリキュアの名前を全員即答出来るか怪しくなって来たよ! 変身前の名前はもっと怪しいよ!

●映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!
関連:映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! ミュージカルソングス
関連:映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! オリジナル・サウンドトラック
- comments(0) -
 劇場版プリティーリズム以来、2年振りのイオンシネマ板橋となりました。
通路に近い席を取った筈なのに客席が少なかったせいで真ん中に陣取った格好。
新宿近辺でやってくれれば良いのに、去年TOHOシネマズ新宿でやったのは3Dだからなのか。
バルトは映画観る環境じゃ無いから。
空港に於ける滑走路問題と映画館に於ける上映数問題はもっと議論されても良いのでは。

OP曲が大変素晴らしく、冒頭はタツノコアニメテイストで大河原さんがメカデザイン。
やっとプリパラ映画でまともなストーリーが観られると思ったけど、そこはふでやす脚本。
現実世界での行動の方がかなり無茶をしている。

プリパラの危機の原因とか、勢い重視で色々と雑な部分もあるなぁとか思うけど
細かい事は考えたり突っ込んだりしちゃ駄目なんだよ。 それにOP曲も筆安作詞だし!

ライブはそれぞれが凄く綺麗で、最後のライブは本当に良かった。 バックダンサーも良い。
ただ、肝心のふわりとあじみのライブは何故一緒にやらせたのか、凄く台無しダヴィンチ。
パルプスにプリパラがある事は気にしない。 レオナのめが兄ぃへの眼差しとかも気にしない!
CGが綺麗な分、後半は息切れしてそうな印象もあったけどね!

名前が付いてるキャラは大体出て喋ってる感じ。 雨宮君は居ない。
ストーリーテラーはまさかののんちゃん。
ひびきも出てないけど、2週目がひびきのコースなのでそちらでのお楽しみ。
まぁ一番気になるのは3週目のちゃん子・定子のコースなんだけど。
お着替えはしてたし曲もあるみたいだけどCGは無さそうなので一体どうなるのか。

めが姉ぇはシステムだから世界各地に居るのも判るけど、めが兄ぃは独りだと思ってたので意外。
とは言えパラ宿以外は喋りと言うか語尾が酷いので、ひびきは辿り着けるのか。

ゲストの扱いの大きさに驚いたし、ある意味重要な役割だけど、やっぱり語尾がデヴィが。
もう独りはゾンビ役だと思ってたら、そう言えばミニファルルだった。 あのゾンビの声は一体。

EDは判ってたけど、思ってた以上にずっとランウェイ。 そして今回も出演出来なかったぷり。
終了後に次の映画予告を期待してしまうのは悪い癖だけど
プリズムプリパラは新シリーズのキャラを登場させるのが通例。

しかしテレビのCMが9時を過ぎて10時半を回っても近日公開と流してるのはどうなのか。
映画の宣伝と言えば公開初日になったら映画館が開いてなくても大ヒット上映中なのに。

●映画 プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ
- comments(0) -
 新宿ピカデリー12時45分の回。
チケット屋で前売券高いって思ったけど映画館で買う方がもっと高かったのでやっぱ映画の値段上がってるんだな。
2時間ちょっとの映画だからCM無い事を考えると本当にいつもの土曜スペサルの尺。

とりあえず言いたい事は、食事をしてから観に行った方が良い。
皆忘れてるだろうけど、旅番組だから美味しいご飯食べてるシーンとかあるから。
そんなん見せられてポップコーンとか食ってたら惨めでしか無い。
普段なら土曜の夜に食事したり寝転がったりしながら見てる番組なんだから。
実際、凄く台湾料理を召し上がりたい気分になったけど、周辺にあった台湾混ぜそばは本当に台湾料理なのか難しいので我慢した。

ゴール出来るのかどうかに関しては、最後まで観れば多分どうでも良くなってると思う。
やっぱりメインは珍道中な訳だし、いつも通り終わりはあっさり。
そう言う意味でも良くも悪くもキーワードは台風。
そして歩いてないけど、歩いてる。
更に取って付けた様に流れるEDは実に映画っぽい。

普段観に行ってる映画と客層もかなり違うし、EDの後に予告とか無いんだよ。
OPもいつものポケモンサウンドじゃなくて寂しい様な当たり前の様な。
テレビで見た方がもっと爆笑してる気がするけど、結構声出して笑ってたな。
最高なのはやっぱり一番最初のホテルかな!

観終わって外に出たらエスカレーター脇には沢山の報道陣が待機中。
この後は舞台挨拶ありの回。
ぴあの満足度調査もしてたから悩んだ挙句95点と答えて来たよ。
満点はちょっと付けられない。

そう言えば台湾の街並みのそこかしこでアニメっぽいポスターがあったのも印象的。
凄くキャプ取りたくなる場面もあったけど当然映画館にキーボードは無いし録音録画は犯罪です。

●ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE
- comments(0) -
 降雪に対しては初動が肝心です。
雪は放って置いてもそう簡単には無くなりません。
雪が降る様な季節の気温を考えた場合、気温が下がり始める夕方までに解けなければそのまま夜を過ごし
朝になる頃には立派な氷となり、更に解け難くなります。

「雪が解けたら春になる」とはフルーツバスケットの言葉ですが
それこそ春にならないと解け切らない場所が無いとも言い切れません。

まぁそんな訳で朝から雷鳴轟く久々の降雪に雷雪部、出場です。



「僕の前に道はない
 僕の後ろにバス停留所は出来る」

先日の降雪で首都圏が大変な事になっていた時
公共交通機関が動いているにも関わらず風当たりがきつかった事に対する励ましを込めて。
作業中、バス会社の人に何度か間違えられましたが、通りすがりの雪かきです。

午後は軽く近隣を見て回り、各地の横断歩道を整地に。
割と後回しにされる事が多いと言うか、まず誰も手を付けない場所の作業をするのが村月です。
誰かがやる場所は誰かがやれば良いのです。

「私が雪かきをして作った道を次々と人々が通る事で、まるでシムシティの如き支配者の気分になるのです」

玄関回り程度しか雪かきをしないご家庭は
家の前の道路が凍結してスリップした車が飛び込んで来るリスクを考えても良いと思います。
後、先に屋根の雪降ろしをすべきですね。
- comments(0) -
 村月技術は自然災害に対応する部署として雷雪部を立ち上げました。
本日の具体的な業務は、通りすがりの雪かきです。

大雪が舞ったのは昨日ですが、そこでの雪かきが思いの外楽しかった為
本日は早朝から出場です。



「僕の前に道はない
 僕の後ろに道は出来る」

雪の中ビューティブリザードごっこをするのは初心者。
雪かきしながら高村光太郎の道程ごっこをするのがれいか通です。
- comments(0) -
 就任して数年で劇的に変わる訳無いよなとか思いつつも
潰れ掛けの会社の更生に来て1年で黒字化させる人も居る訳で
招かれざるトップの方がしがらみが無く、立て直しは上手く行くのかも知れない。

責任取って辞めろと言ったって辞める訳無いし
辞任すれば責任を取った事になると言うのも違うと思うから
これからは責任取って給与を国庫に返納しろって攻めるべきだと思う。 勿論明日は我が身。

●しろくまカフェin TAKADANOBABA

高田馬場で明治通りの交差点の松屋近くなら事務所のついでに行けるな。
事務所に行く用事が無いけど。
- comments(0) -